おごと温泉駅近く。大津市雄琴の歯医者さん

〒520-0101 滋賀県大津市雄琴2丁目3番37号  「おごと温泉駅」より徒歩15分、車5分
  新型コロナウイルス対策実施中  受付・歯科助手募集中 

診療時間
8:30~13:30 × ×
15:00~18:00 × ×

 休診日:木曜、日曜、祝日

ご予約は、診療終了30分前までにお願いします。
祝日がある週は木曜日に振替診療します。
診療日など詳しい情報は、ページ下部のカレンダーをご覧ください。

ブログ記事一覧

  • こんなに抜けちゃうの?年齢別歯の抜ける本数について

歯は平均寿命60年!

歯は一生使えるものではありません。調査によればその平均寿命はおよそ60年。

日本人の平均寿命が約80歳以上ですから、多くの方が亡くなるまでに何本かの歯を失うことになります。

ではどの年齢でどのくらいの本数を失っていくのでしょうか?

 

40代で初体験

若い頃は歯が抜けるなんて想像もしなかった。

そんな人達も40代になると『歯を失う』という初めての経験をし、平均で1,5本失います。

そして50代ではさらに2,5本程度の歯を失う。

つまりここまででおよそ4本の歯を失っています。

 

60代から加速する

さらにしっかりケアしていかないと、ますます歯を失うことに。

そのスピードは早まり、60代では約3本、70代ではなんと5,5本以上失いまず。

さて、ここまでの合計は何本でしょうか?ざっと計算すると...

40代1,5本 +50代2,5本 +60代3,0本 +70代5,5本=12,5本

 

歯は親知らずを除き全部で28本しかありません。つまり80歳になるまでに半分近くの歯を失うことになるのです。

 

 80歳までに、歯の本数が半分以下に減少:予防の取り組み:予防歯科の ...

どうすれば守れる?

歯を失う一番の原因は歯周病。次にむし歯です。その他にも噛み合わせ、ケガなどでも歯が抜けてしまいます。

ケガはやむを得ないとしても、歯周病、むし歯、噛み合わせなどは確実に予防ができます。

歯科での定期検診やケアの指導などにより、多くの方が80歳以上でも20本以上の歯を残しています。

一生健康で美味しい食生活を送るためにも、悪くなった時だけでなく、ぜひ定期的に歯科でチェックを受けましょう!

 

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

077-578-4618

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:8:30~13:30
午後:15:00~18:00

休診日:木曜、日曜、祝日
(祝日がある週は木曜日に振替診療します)

077-578-4618

〒520-0101
滋賀県大津市雄琴2丁目3番37号

「おごと温泉駅」より徒歩15分、車5分